家づくりの予算オーバーとコストダウンについて

今回は施主であるあなたはこれから一緒に協力して家づくりを依頼しようと思っている建築士と始める第一歩はあなたとあなたの家族のためにどのような家を建てたいのかをリストアップすることです。

1,安全・安心できる=耐震性が高い 2,快適に過ごせる 3,家族が団らんできる広いスペースがある 4、断熱性能が高い 5,ピアノが弾ける遮音性が高い 6,ママが料理づくりを楽しめるゆったりしたオープンキッチン 6,木材を多用した木の香りがする 7,シックハウス対策をする 8,全館空調にしたい 9,足が伸ばせる大きなバスタブ 10,パントリーがある 11,駐車スペースは2台分 12,換気性能が高い 13,パパの書斎と本棚がほしい  などなどできるだけ具体的に書き出しましょう。

そして建築士に間取り図と基本設計書を作成してもらいます。

ここからはハウスメーカーや工務店などの建築会社・業者に依頼するケースをお話しします。

前述のようなプロセスを経ずに一般的な施主の多くは家を建てようと計画したらいきなりハウスメーカーや工務店などの建築会社を2~3社に見積もりを依頼します。

そして家の建築を依頼しようと思っているハウスメーカーや工務店などの建築会社・業者から出された見積もりが自分が予定していた予算をオーバーしているということはありませんか?

その原因は予算について、施主であるあなたとハウスメーカーや工務店などの建築会社との話し合いがしっかりとできていない場合に起こります。

予算については初めからなかなか本音で話し合うということは初めて会って、まだ依頼するかどうかわからない状態では躊躇するかも知れませんが、予算がハッキリわからなければハウスメーカーや工務店などの建築会社としてもどのくらいの家を提案し見積もりを作っていいのか分からない状態で、提案見積もりをすることになります。

このようにお互いが、大事な予算について、分からないという状態は好ましくありません。

家づくりは予算ありきということで、予算を決めて、その予算の中でどこまで、品質や性能、住み心地などを高めることができるかということですので予算は可能な限りクリアーにしたいものです。

そうはいっても、施主の要求、要望が多い家なら予算オーバーする場合も多々あります。

その時の解決策は?その時は、正直に「100万円ほど予算が足らないけど、どうにかなりませんか?」と相手のハウスメーカーや工務店などの建築会社に言いましょう。

お互いが信頼関係ができている場合は品質や性能、住み心地をそれほど落とさずに施主であるあなたに合ったコストダウンの方法を考えてくれるはずです。

そもそも間取りや見積もりを出して予算オーバーしているということは施主であるあなたと建築業者との意思疎通ができていない証拠です。意思疎通ができない状態で予算も確実に把握していない中でハウスメーカーや工務店など建築会社が見積もりを出しますとたいてい予算オーバーします。

そこで施主であるあなたにお勧めするのは良心的で家づくりに情熱をもって取り組んでいる建築士を見つけてその建築士とタッグを組んで低コストで品質のいい家づくりを目指して下さい。

やはり家づくりは施主と建築業者との共同作業ですので、信頼関係がないとムダな時間を過ごすことになります。ムダな時間を過ごさないためにも行き当たりばったり、チョットした興味本位ではなくじっくり考えた上であなたの家づくりの要望と予算について建築士と話し合いをしてください。

建築士といっしょになって各工程ごとの専門職人・業者から見積もりを入手します。そしてその見積もり総額があなたの計画していた予算総額をオーバーした場合、建築工事の各工程ごとの専門職人・業者と「コストダウンの相談」を建築士と一緒にしてください。信頼できる専門職人・業者は相談を受けるとどうすればいいのか知恵と工夫で何とかしてくれるはずです。

その結果各工程で少しずつでもムダな費用や代替材料・資材・設備の使用、工法の変更などでコストダウンできると40坪の家の建築見積が3000万円の場合で900万円、30坪の家の建築見積が2000万円の場合で600万円下がることになります。

このようなコストダウンはハウスメーカーや工務店など建築会社に依頼すると達成できません。その理由は彼らの見積もりの中には「広告宣伝費」「モデルハウスの建設・維持費」「下請け業者へのピンハネ分」などの費用が必ず含まれているからです。

施主であるあなたと同じ目的や同じ価値観で家づくりをしてくれる建築士を見つけましょう。

「良心的な建築士」で検索する。

次のようなサイトも参考になります”建築家紹介センター

URL:注文住宅建築日記・分離発注方式による我が家造り

建築業者を選ぶ基準は現場の整理整頓

家づくりに役立つ情報・建築業者を選ぶ基準は現場の整理整頓

あなたが建築業者を選ぶ際の基準の一つにしてほしいこと、

それは現場の整理整頓です。

「信頼できる工務店かどうかは、実際建てている現場を見ることです。

構造見学会などではなく、普段の建築中の現場です。

普段の現場へ行けば、そこでいろんな事がわかります。

例えば、

●建築材料・資材が丁寧に扱われているか。

●煙草の吸殻があちこち散らばってないか。

●ラジオがうるさく騒音公害になってないか。

●ゴミ置き場にゴミが溢れてないか。

●働いている職人さんが、あいさつするか。

新築中の現場が、整理整頓されていて、たばこの吸殻も落ちてなくいつもきれいで、

職人さんは、さわやかなあいさつをする、そういうところがいいですね。

それが、信頼できる要素です。」

施主であるあなたには、いい材料を使っているかなどわからないと思います。

さらに、技術力なども見分けられないでしょう。

だから、見た目で判断するんです。

ほとんどの人が、現場で、直感で感じたことだけで、

それで判断しています。

でも、間違いではありません。

現場がきれいかどうかは判断基準になるんです。

●服装や身なりはきちんとしているか。

●乱暴な言葉遣いをしていないか。

●駐車違反をしていないか。

●さわやかな挨拶ができているか。

これらは建物の質とは関係ありません。

関係はないのですが、

基本が出来ていない業者は仕事も雑です。

また、材料に無駄が出るので、住宅の価格にも影響します。

これから家づくりをされるあなた、

現場のきれいな建築業者を選んでください。

もちろん、見学会などではなく、これから家づくりを

お願いしようと検討している工務店の実際の工事を

している現場を必ず見せてもらってください。

現場がきれいであればその業者を選定候補の

一つとされるといいと思います。

施主であるあなたと同じ目的や同じ価値観で家づくりをしてくれる建築士を見つけましょう。

「良心的な建築士」で検索する。

次のようなサイトも参考になります”建築家紹介センター

URL:注文住宅建築日記・分離発注方式による我が家造り

良心的で家づくりに熱心な建築士を見つけよう

施主であるあなたの望むような理想的な家をあなたが試算した建築費用予算内で建ててくれるハウスメーカー、工務店などの建築会社はなかなかみつからないと思います。

一般的な建築設計事務所は設計や工事監理は行いますが、原則として建築資材・材料の仕入れ、資材・材料の価格交渉はしません。工務店など建築業者との建築費用・施工費の交渉も深くはしません。

その理由は建築費用が安くなったら設計監理費もそれに応じて安くなるからです。多くの建築設計事務所は建築費用総額の10%~15%が設計監理費です。建築費用と連動しているので建築費用が安くなれば設計監理費も安くなります。

そういうことで建築費用をできるだけ安くするということは自分たちの設計監理費も安くなるので余ほどのことがない限り積極的に価格交渉するのはやりません。

これでは施主であるあなたにとって建築費用や設計監理費をできるだけ安くして納得のいく、満足のいく品質のよい家を手に入れることはできません。しかし、大丈夫です

て、その建築士と一緒になって分離発注や相対契約による家づくりに取り組むことで施主であるあなたの望み通りにハウスメーカー、工務店などの建築会社・業者に依頼するよりも低コストの建築費で家づくりをすることが可能です。ですからまず最初に良心的な建築士を見つけて無理のない予算をお伝えください。

その安心安全予算内でムダを省き、安くても希望の家を実現するのが分離発注や相対契約による家づくりです。建築士は施主であるあなたと相談しながら一緒になって建築資材・材料の価格交渉も専門業者・職人との工事費用の交渉もやってくれます。ハウスメーカー、工務店などに依頼すると下記の理由で高くなります。

1,ハウスメーカーや工務店の重層下請け構造 2、高い材料単価と低い生産性 

3,不透明な住宅建築原価 4,価格チェック機能の不在

ハウスメーカーや工務店よりもムダを省けば、分離発注や相対契約による原価公開によって低コストでの家づくりができます。つまり施主であるあなたの思い通りの材料費や施工費、設計費、工事監理費にお金を掛けることができます。

だから低コストでも品質のいい家になるということです。今までとは大きく違う施主であるあなた自身の建築士との共同の家づくりの方法ですが、ハウスメーカー工務店に600万円から1000万円のムダな費用を払わない家づくりが可能になります。

ハウスメーカーや工務店がTVなどの広告宣伝費やモデルハウス建築費用・運営費用、営業マンの給料や建築会社の社長、株主にたくさんの報酬、下請け業者へのピンハネ分費用を払うよりもあなたの家づくりの現場で働いてくれる大工さんや職人にそのお金を回せます。

そしてなりよりも施主であるあなたの家があなたとあなたの家族にとって快適に健康に暮らせるように材料費や設備費、設計費などに貴重なお金を使えます。あなたの家づくりが納得のいく、満足のいく理想的な家になるように建築費を使うことができます。

これが施主であるあなたがあなた自身と建築士と一緒になって取り組む家づくりの流儀です。

施主であるあなたと同じ目的や同じ価値観で家づくりをしてくれる建築士を見つけましょう。

「良心的な建築士」で検索する。

次のようなサイトも参考になります”建築家紹介センター

URL:注文住宅建築日記・分離発注方式による我が家造り

家づくりはいいパートナーとの出会いから

家づくりは運命のパートナーとの出会いから始まります。

いいパートナーとの出会いが大切なのは恋愛や結婚とよく似ています。

家づくりの主役は施主であるあなたですが、実際に家を建てるのは建築士と専門の職人・業者です。あなたと建築士や専門の職人・業者が一致協力して取り組まないと、決していい家は建ちません。ですから、まずいい建築士との出会いは大切です。

今の時代はハウスメーカーや工務店から既製品のように家を買うと思っている人が多くなっていますが、注文住宅の場合は施主であるあなたが、あなたと家族のための住まい・家を建てることです。家づくりはあなたとあなたの家族が幸せな暮らしを手に入れることなのです。

そしてお客さんは施主であるあなたです。

施主であるあなたが家づくりの最高責任者という位置づけです。

しかし、多くの人は、偶然の出会いでしか、あなたにふさわしい建築士と専門職人・業者にめぐり合うことができていないために、ハウスメーカー、工務店など建築会社のホームページやサイトを検索・閲覧してから家づくりを開始します。

 ただ、建築の知識に乏しい施主であるあなたにはどのハウスメーカー、工務店、建築会社のサイトも似たり寄ったりで、どの建築会社・業者を選んだらいいのかほとんどわかりません。

どこのホームページ・サイトもこれまでにそのハウスメーカー、工務店や建築会社などが過去に建築した立派な外観の家の写真が掲載され、どこも自社の建てた家の工法の利点、セールスポイントなどを掲載して集客しています。もちろん、自社が受注したいので当然そのようなセールスポイントを満載しています。

 施主であるあなたのために工事費用を抑えて自社の利益を安くしていい家を建ててあげましょうと情報発信しているところはほとんどありません。

 できるだけ利益を最大化することがハウスメーカー、工務店、建築会社などの事業方針ですから仕方ないですが・・・

ところで、

「住宅展示場」「TV広告」「チラシ」「見学会」「ホームページ・サイト」などで情報収集してきたあなたは、あなたの家を建ててもらう最適なハウスメーカー、建築会社・工務店などを自分で探し当てたと考えているかもしれませんが、そのハウスメーカー、建築会社・工務店など業者の巧みなセールストークやイベントなどの企画にあなたが引き寄せられたのではありませんか?「抽選でこのモデルハウスを無料で進呈します!」「いま契約していただければ工事費用を30%割り引きます」「モデルハウス見学会に参加しませんか」

見かけ上のことしかわからず、よく理解できないうちにお付き合いが始まったのではありませんか?

あなたは、施主であるあなたにとってできるだけ有効に建築資金を使って理想の家づくりができ、欠陥住宅をつかまされない方法があることを知っていますか?

あなたと同じ価値観を持つ建築士や専門職人・業者と一緒に家をつくる方法があるのです。

少しだけ手間はかかりますが 、そういう同じ価値観を持つ良心的な建築士に相談しながら専門職人・業者とステップバイステップで、楽しい家づくりができれば、あなたの家族と幸せな生活が送れる住まいをハウスメーカー、工務店などの建築会社よりも数百万円以上もローコストで手に入れることができることでしょう。

ローコストで建てたいのにハウスメーカーで家づくり? 

自然素材の家を建てたいのにローコスト住宅?

注文住宅がいいのに提案住宅をすすめられる? 

ハウスメーカー、建築会社のブランドに惹かれて建てたいのに無名の建築会社?

これは理想の家づくりではないと思います。

あなたは、どんな住まいづくりのストーリーや希望を描いていますか?

あなたにとって最適なパートナー、建築士と専門職人・業者一緒になって、低コストで納得でき、満足できる理想の家づくりができるといいですよね。

施主であるあなたと同じ目的や同じ価値観で家づくりをしてくれる建築士を見つけましょう。

「良心的な建築士」で検索する。

次のようなサイトも参考になります”建築家紹介センター

あなたの家づくりを依頼する業者の選定

ハウスメーカー、工務店などたくさんの建築業者が存在する中で施主であるあなたが家づくりを依頼する業者を1社に選定・決定するのは難しくないですか?

ハウスメーカー、工務店などの建築業者によって家の建築費用・価格もバラバラです。

そして建築に関する知識の乏しい一般の人々、施主であるあなたが「家」の建築費用・価格を比較するということは、非常に難しいものです。

例えば機能がおなじの家電製品を購入する場合のように、メーカー、商品名と品番などが判明していれば、「A販売店とB販売店では、どちらの価格が安いだろうか?と容易に比較して購入することができます。

また、外食をする場合なら「今日はこのレストランで食べてみようかなあ~」といった具合に、実際に食事をして美味しくて値打ちなお店やレストランを気軽に探すこともできます。

しかし「家」の場合は、そんなに簡単にはできません。

それぞれの家の仕様を吟味して比較しようにも、何万パーツに及ぶ部品や、その部品の品質や施工の適正さ、職人の技術力までも確認して比較することは建築のプロでも大変に困難です。

結局、キッチンやお風呂などの住宅設備のランクや、内装の仕上げ、屋根や外壁の仕上げ、など、目に見えてわかり易い範囲の仕様で、「A工務店は坪単価いくらで、Bホームは坪単価がいくら」といったシンプルかつ大胆な比較方法に、なってしまいます。

でも、家の価格を比較するときに考えなくてはいけないものには、設備のランクや内装の仕上げ、屋根や外壁の仕上げももちろんですが、

● 構造材

● 基礎

● 家の基本性能・耐震性能

● 釘や耐震用の金物

● 各種パーツ

● 各職人の技術力

● 工事工程内容

● 家の耐久性

● メンテナンスコスト

● アフターフォロー

● 立案・企画力

● デザイン・設計力

● 営業マンや設計士の打合せ能力

● 現場監督の対応能力

● 業者の家づくりの姿勢

などなど・・・、

この他にもたくさんの要素があります。

なかなか価格比較は難しいものです。家づくりはあなたとあなたの家族が幸せになるための大切な第一歩です。

施主であるあなたと同じ目的や同じ価値観で家づくりをしてくれる建築士を見つけましょう。

「良心的な建築士」で検索する。

次のようなサイトも参考になります”建築家紹介センター

URL:注文住宅建築日記・分離発注方式による我が家造り