良心的で家づくりに熱心な建築士を見つけよう

施主であるあなたの望むような理想的な家をあなたが試算した建築費用予算内で建ててくれるハウスメーカー、工務店などの建築会社はなかなかみつからないと思います。

一般的な建築設計事務所は設計や工事監理は行いますが、原則として建築資材・材料の仕入れ、資材・材料の価格交渉はしません。工務店など建築業者との建築費用・施工費の交渉も深くはしません。

その理由は建築費用が安くなったら設計監理費もそれに応じて安くなるからです。多くの建築設計事務所は建築費用総額の10%~15%が設計監理費です。建築費用と連動しているので建築費用が安くなれば設計監理費も安くなります。

そういうことで建築費用をできるだけ安くするということは自分たちの設計監理費も安くなるので余ほどのことがない限り積極的に価格交渉するのはやりません。

これでは施主であるあなたにとって建築費用や設計監理費をできるだけ安くして納得のいく、満足のいく品質のよい家を手に入れることはできません。しかし、大丈夫です

て、その建築士と一緒になって分離発注や相対契約による家づくりに取り組むことで施主であるあなたの望み通りにハウスメーカー、工務店などの建築会社・業者に依頼するよりも低コストの建築費で家づくりをすることが可能です。ですからまず最初に良心的な建築士を見つけて無理のない予算をお伝えください。

その安心安全予算内でムダを省き、安くても希望の家を実現するのが分離発注や相対契約による家づくりです。建築士は施主であるあなたと相談しながら一緒になって建築資材・材料の価格交渉も専門業者・職人との工事費用の交渉もやってくれます。ハウスメーカー、工務店などに依頼すると下記の理由で高くなります。

1,ハウスメーカーや工務店の重層下請け構造 2、高い材料単価と低い生産性 

3,不透明な住宅建築原価 4,価格チェック機能の不在

ハウスメーカーや工務店よりもムダを省けば、分離発注や相対契約による原価公開によって低コストでの家づくりができます。つまり施主であるあなたの思い通りの材料費や施工費、設計費、工事監理費にお金を掛けることができます。

だから低コストでも品質のいい家になるということです。今までとは大きく違う施主であるあなた自身の建築士との共同の家づくりの方法ですが、ハウスメーカー工務店に600万円から1000万円のムダな費用を払わない家づくりが可能になります。

ハウスメーカーや工務店がTVなどの広告宣伝費やモデルハウス建築費用・運営費用、営業マンの給料や建築会社の社長、株主にたくさんの報酬、下請け業者へのピンハネ分費用を払うよりもあなたの家づくりの現場で働いてくれる大工さんや職人にそのお金を回せます。

そしてなりよりも施主であるあなたの家があなたとあなたの家族にとって快適に健康に暮らせるように材料費や設備費、設計費などに貴重なお金を使えます。あなたの家づくりが納得のいく、満足のいく理想的な家になるように建築費を使うことができます。

これが施主であるあなたがあなた自身と建築士と一緒になって取り組む家づくりの流儀です。

施主であるあなたと同じ目的や同じ価値観で家づくりをしてくれる建築士を見つけましょう。

「良心的な建築士」で検索する。

次のようなサイトも参考になります”建築家紹介センター

URL:注文住宅建築日記・分離発注方式による我が家造り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です