あなたの家づくりにハウスメーカーの広告費を負担しますか?

あなたがちょうど家を新築しようと検討している頃に、テレビに住宅関連のCMが流れると、

ついつい見入ってしまいますよね。

そのCMを何回も見ているうちに、

広告している住宅メーカーについて

・知名度が高い

・信頼できそう

と感じる人もいることでしょう。

ご存知の通り1本のテレビCMを作るには多額の制作費用が発生します。

有名タレントや俳優を起用すれば、

制作費用だけで数千万円になることもあります。

また、CMをテレビで放送するにも多くの費用が必要です。

その額は、地域や時間、番組の視聴率によって異なります。

色々いわれていますが、例えば15秒スポットの場合、

・民放放送局のゴールデンタイム:200〜500万円

・ローカル局のゴールデンタイム :20〜100万円

・キー局の深夜帯:50〜100万円

とのことです。

テレビだけでなく、インターネット上でも

住宅関連の多くの広告を目にします。

新聞の折り込みチラシでも、現場

見学会やセミナーの案内を見かけます。

このように、私たちの周りには多くの広告が溢れています。

これらには、すべて費用が発生しています。

無料見積もりをしている住宅メーカーや

建築業者の場合、

契約まで至らなかった人に

費用負担をお願いすることはできません。

結局、これら広告に関する費用は、

その住宅メーカーや建設業者と契約したお客さんが
負担するしかないのです。

そのため、ある住宅メーカーでは、

顧客一人当たり数百万円の広告宣伝費を負担しなければならないとかいわれています。

といっても、

見積書に『広告宣伝費』と記載してあるわけではありません。

だから、一般のお客さんは

自分がいくら「広告宣伝費」を負担しているのか気付いていません。

知名度の低い、あなたの街の工務店での家づくりは不安ですか?

でも、その知名度の低い理由は、

広告宣伝に費用を掛けないのが原因かもしれません。

あなたが広告宣伝費を負担しなくてよいということは、

同じ予算でより良い家づくりができる可能性があるということです。

知名度が低い分、自分の家づくりにあった街の工務店を探す手間はかかりますが、

あなたが住む地域には隠れた名店があるかもしれません。

インターネットや施工現場、実際に工務店で家づくりした人の体験談や地域の人の口コミなどもフル活用したいものです。