リフォームの見積り注意点



リフォームをしたいと考えたとき、最初に気になるのが工事費用です。多くの人にとって経験がなく、料金体系も決まったものがないのでわかりにくい。「リフォーム」の適正価格はどうすればわかるのでしょうか。


リフォームは定価のない商品



リフォームは工事の内容や費用が決まっている商品ではなく、個々の住まいに合わせて施行するオーダーメイドです。

設備機器や工事にこだわれば、それだけ工事費用がかさみます。また、家の状態や希望のプランで費用が異なるために、リフォームの適正費用を知るためには通常多くの人は複数の業者から工事費用の見積書を手に入れます。

見積りの内訳に注意して比較



リフォーム費用の見積りのチェックポイントとしては大きく二つです。

ひとつめは、工事の内訳・明細をみて、設備機器・工賃の内容や単価、数量をチェックすること。

設備機器の場合、提示されたものがあなたの希望どおりのグレード・仕様であるか、使用する資材の数量が業者ごとに同じか、工事期間や職人の日当・工賃がどうなっているか。

異なる場合についてはその差異が発生する理由を確認する必要があります。

二つめは、「別途工事」など見積書に記載されていない費用・金額の有無です。

リフォームに本来必要な工事が「別途必要」とされていて、見積り費用が安く見える場合もあります。

結局、別途工事の費用を含めると他の業者よりも高くなった、ということでは意味がありません。

業者によっては、工事費用の内訳・明細を示さないで「○○工事一式」「総工費一式」などと費用を提示してくる場合もあります。

このような場合は工事費用の内訳・明細の記載された見積書を再度提出してもらうようにしましょう。

適正な費用を見極めるためには



工事費用の見積りが高すぎる場合にも、安すぎる場合にも注意が必要です。

高すぎる場合は業者は大幅な値引きを前提にしていることがあります。特に理由が明確でないのに「大幅な値引きをしますよ」と言って、強引に契約を急かせる時は注意しましょう。

反対に、安すぎる見積り金額の場合には粗悪品の仕様や未熟な職人が施行することを前提にしていないか確認することです。

適正な機器の仕入れ価格と適正な工賃、経費、利益をもとに作成されている見積りですとそう簡単に値引きすることはできないはずです。

したがって、業者と価格交渉をする場合にも、過度な値引きを要求することは注意が必要です。

リフォームの場合、よくあることですが、住まいを解体して壁の内部などに外見からわからない傷みが、初めてわかることもあります。

思っていなかった追加工事が必要になった場合でもあわてないように、総工事費用の10%〜20%程度の予算を組んで余裕をもっておいてください。


リフォームの見積り金額が適正化どうか診断を受けましょう。



業者からリフォーム工事の見積りをとる、見比べて確認するという作業は面倒のように思えますが、自分の愛着ある住まいを自分の納得のいくようにリフォームしてより快適な住まいにするためには必須条件です。

しかしながら、建築工事についての知識と経験の少ない方が業者の見積り金額が適正・妥当なものかどうか判断するのが難しいのも事実です。

自分で判断するのが難しいと思った場合は、いくつかの業者から入手した見積書について第三者の建築のプロ(一級建築士)や工事費用の見積り診断サービスにあなたの見積書を診てもらうようにしてください。




a:3814 t:2 y:3