家を建てる時に最初にするべきこと



あなたは

家づくりを考えたら最初何をしますか?

モデルハウスの見学?

地元の工務店の完成見学会への参加?

チョット待ってください。


もっと大事なことを忘れていませんか。
そうです。お金のことです。

家もお金がなければ建てることができませんし
家を購入することができません。

いくらの予算でどんな家を建てるのか?
それを最初に考えなければいけません。

建築業界ではそれを資金計画と言います。

資金計画がきちんとできていないと、
大変なことになります。

年収の7倍もの住宅ローンを組む方もおられますが、
理想は年収の5倍以下です。

3倍くらいが楽でちょうどいいのですが、
現状では3倍にするには頭金が少し必要です。

フルローンも可能になる現代ですが、
ライフスタイルが変わるような資金計画は
避けたいところです。

ところで

自分たちの収入やライフスタイルを重視し、
経済的に負担にならない程度の資金で家を建てたいと
お考えなら、建築費用が高いハウスメカーや建築会社、
建築家との家づくりは選択肢から外してください。

なぜなら例外なく建築費が高いからです。

またコダワリガなく安ければいいという方は、
ローコスト住宅も良いかもしれません。

しかし多少のコダワリがあり、良い家を建てたいと
考えているのならムダな費用がかからない方法で
家づくりをしてください。

分離発注方式(建築原価公開方式)で家を建てる
ことで建築費用を大幅に低減するのも一つの方法です。

分離発注方式(建築原価公開方式)については
わたしに問い合わせしてください。