【 湿気対策でカビ退治 】 


【 湿気対策でカビ退治 】   

 ■カビの発生条件

カビの発生条件は、「温度」「水分」「栄養」「酸素」です。
気温20〜30度が大好きで、特に25度前後がお気に入り。


低温にはわりと強いのですが、高熱には弱く、
36度以上では発生しにくくなります。



ダニも、カビと同じような温度環境を好みます。
湿度は70〜90%が好みです。


多くは、湿度80%位で繁殖が活発になります。
ですから、雨の日に洗濯物を室内に干したらカビは大喜びです。



また、観葉植物を置きすぎると、湿気を誘うので注意してください。



 ■リビングの対策



ソファーやテレビ台など、全ての家具を壁から5センチ以上
離し空気の通り道を確保します。


また、エアコンのフィルターは2週間に1回程度掃除しましょう。
節電の意味でもオススメです。


 ■押し入れ・クローゼットの対策


詰め込み過ぎると空気の通り道がなくなるので、
カビが発生しやすくなります。



定期的に不要なものを処分して、スノコで風通しを良くしましょう。
また、晴れた日には扉を開け、こもった湿気を逃がすことも
大切です。


 ■寝室の対策


寝室は、人の出入りが少なく、湿った布団があるので危険です。
空気が動かない上に、適度な湿度まであるので、
特に注意してください。


布団は敷きっぱなしにせず、こまめに干します。
ただ、雨の次の日は、空気が湿っているので避けてください。



ある人は、新築したフローリングに布団を敷きっぱなしにして、
半年後に布団をめくったら、床と布団にカビが生えていたそうです。



「やっと家を建てたのに・・・」
と嘆いていましたよ。




 ■浴室の対策



最後に入浴した人は、浴室全体にお湯をかけて、
石ケンやアカを流しましょう。


次に、冷たい水をかけて温度を下げます。
ここまででもいいのですが、
スクイージやタオルで水分を拭き取ると、
さらに効果的です。


また、残り湯は湿気を呼ぶので、
早く流すか、ぴったりしたフタで湿気対策をして下さい。


 ■キッチンの対策
  


ここは、浴室と同じくらいカビが発生しやすいところです。
料理に混入したら大変ですので、こまめにケアしてください。



一番の対策は、水分を拭き取ること。
調理中の水蒸気が当たる部分もチェックしましょう。
換気扇を活用するといいですね。


 ■床下の対策


土がむき出しの場合など、家の基礎部分を腐っていることが
あります。


換気孔や強制換気を設置して、換気してください。
とりあえずの手段として、木炭を敷く人もいますが、
根本的な改善をしない限り、必ず増殖します。