非常識な住宅業界について




非常識な住宅業界についてです。



安らぎの場であるはずの住まいで、健康が脅かされてます。
「住まい」で「病」になってケースがあります。


気候は、住まいの構造と住まいの仕方に影響を与えます。



日本では、夏は高温多湿、冬は低温低湿の気候です。
この気候に適した家は、昔ながらの木造の住宅です。



木、土、紙など自然素材で作られ、自然の気候を家の中に
取り入れていました。



ところが、気候は変わらないのに住まいの構造と
住まいの仕方は大きく変化しました。


規格型住宅が増え、合板やビニールクロス等の新建材ばかりです。
呼吸しない素材なので、家自身、息ができません。



また、プライバシーが重視されるあまり、
「開かれた家(夏型)」から
「閉じらた家(冬型)」に変化しています。


それで、家の中は湿気とホコリと化学物質で、
アレルギーやシックハウスの問題が発生。


私たちは毎日その汚染された空気を吸っています。

結果的にハウスメーカーは家だけでなく、汚染された空気も
一緒にあなたに販売しているようなものです。



あなたは、「住まい」で「病」にならないために、
れば、自然素材で家を建ててください。



手抜き工事をどう防ぐか?



素人にわからず、手抜きが最も多いのは基礎工事です。



基礎のコンクリートを打つ時、水を多く入れると工事が
しやすいのです。



また、コンクリートに水を多く入れたほうがきれいに仕上がります。
しかし、強度が問題です。


この手抜きを防ぐには、信頼できる基礎工事業者に
依頼することです。
または、しっかりした工事の監理人を入れることです。


本物と偽物はどう見分けるの?


どの業界でも同じですが、本物を見分けるのは大変です。



その業界の人にはあたりまえのことが、素人には
まったくわからないのです。



マスコミをにぎわしている食品表示違反ですが、
業界ではいまさらという感じです。



たとえば、新潟魚沼産コシヒカリの生産量と
流通量が違うのはその一例です。



同じことが住宅業界にも言えます。



あなたは新築するのだから、使われる建材や設備品はすべて
新品だと思っていませんか?


自分が建築業者だとして考えればわかるはずです。


他の現場で残ったものや設備品の不良在庫があったとしたら、
どうします。


わからなければ使うかもしれませんよね。


やはり信頼できる業者に頼むのが大事ですね。


 

ハウスメーカーの営業マン



住宅メーカーの営業マンの話は聞けば聞くほど、
メーカーの人とどのように進めていけばいいか、
余計わからなくなります。


それはどこの営業マンも、良いことは言うが決して
悪いことは言いません。


結局営業マンの熱意の差が決め手になってしまう
ことが多いのです。


しかし、営業マンは家については専門家でないので、
多くの人が後で後悔したり、
中には欠陥住宅をつかまされたりすることがあるようです。


ですから、設計、現場を知らない営業マンは避けたほうが
いいでしょう。



会社が大きいほど組織の歯車になっており、
施主より会社を大事にする。



そんな人たちに、あなたは一生に一度の住まいづくりを
託していいのでしょうか。


家を建てるとき、まず最初に営業マンとの話から始まります。
ハウスメーカーが戦後誕生してから、営業マンが登場してきました。
今では地元の工務店でも営業マンがいます。



ところで、営業マンの仕事とはなんでしょう。



それは、1件でも多くの契約をとることです。



どのメーカーも営業マンに厳しいノルマをあたえてます。
それで、あなたにすぐに契約を結ぶように迫るのです。



見込み客の住まいづくりを真剣に考える余裕は、
営業マンにはありません。



「家は一生ものですからじっくり取り組みましょう」と
口では言います。


しかし、早く契約させて、契約したら早く完成させ、
そして早く引き渡す。


これが、優秀な営業マンなのです。


「今月は決算月なのでなんとかお願いします」とあなたに
平気で言いいます。


こんなことを言う営業マンは、施主のことなど何一つ
考えていません。


誤解を恐れず言うなら、営業マンがいる住宅会社には
頼まないほうがいいです。


それは、営業マンを置いている会社は、あなたの家づくりより
儲けることを優先しているからです。


くれぐれも営業マンには気をつけてください。


住宅金融公庫が犯した罪がいくつかあります。



まず、税金のむだ使い。



住宅金融公庫は毎年4000億円の財政支出を受け入れていました。
そして、住宅産業を腐敗させた。


日本の住宅はアメリカの住宅に比べて2倍します。



これは何年も前から言われているにもかかわらず、
まったく建築費が安くなりません。


それは、公庫が住宅を安く建てさせることよりも、
住宅業界に多大な利益をもたらせることに協力して
きたからです。



年々住宅ローンを拡大してきたのです。



よりよい住宅を造るという大義名分のもと、住宅を審査します。



私の友人も何人か、住宅金融公庫で借りたばかりに、
理不尽な行政指導を受けました。



公庫基準でなければどんなにいい家でも、「データを示せ」
といって事実上公庫融資を使わせないようにしてるのです。


世界に通用する日本古来の伝統技術は、住宅金融公庫の
審査を通りません。


住宅金融公庫は、ハウスメーカーが仕事しやすいように
改正してきたのです。


性能表示制度は、ハウスメーカーが営業しやすくするための
ものです。



今では公庫の審査の中心になっています。



しかし、ここでいう住宅性能と住み心地や資産価値とは無関係です。
逆に、性能表示してる住宅は、結構住み心地が悪く資産価値は
低いのです。


工事リスクを消費者に負わせています。''''



工事中の建物は住宅会社のものであって、
建築主のものではありません。


前払い金を払っていても、それに相当するものが
建築主のものではないのです。


わかりやすく言えば、建築中の費用を建築主が
住宅会社に無利子で貸しているのです。



なのに、建築主は利子を払って住宅金融公庫から
お金を借りているのです。


もし住宅会社が倒産した場合、払ったお金は
ほとんど戻ってきません。



自己本位な体質です。


住宅金融公庫で住宅ローンを組むと、土地建物に対する
抵当権の設定を求められます。


ただし条件があり、債権回収順位を1番にしないと
貸してくれません。


また、返済能力を無視して貸し出すから
返済不能事故がおきるのです。


しかし、返済不能事故がおきても住宅融資保証協会に
代位弁済させて、住宅金融公庫は債権回収を確実に行います。


いかがですか。
少しは住宅業界のことが理解できましたか?