照明器具を選ぶことについて



あなたが家を建てる時は、照明器具を選ばなくてはいけません。
照明器具選びは結構大変です。


リビングから細かい所までの、製品の種類が多いからです。



インテリアとしての役割が大きい照明と、
必要な“あかり”として、場所や種類を決めるべき照明。

照明には2通りあります。

まず、蛍光灯と白熱電球があります。

蛍光灯の方が電気代が1/4程度になり、
寿命も数倍長いので経済的です。

でも、点滅を繰り返したり、明るさをコントロールする場所には
あまり向いていません。

寿命は短いものの、白熱電球には料理をおいしく見せる効果や、
絵画を綺麗に見せる効果もあります。

白熱電球を効果的に使える場所は、食堂や洗面化粧台や物を
魅せるための照明ということです。
 

また、明るいと広く見えるので、広く見せたい面を
明るくすることが基本です。

天井を高く見せたい場合は天井面を明るく、
壁を広く見せたい場合は壁面を明るくします。

開放的に魅せる場合は天井と壁を明るく、
落ち着いた感じにする場合は天井を暗くします。

明るさは、壁の色も大きく関係するので、
広く見せたい部分を明るい色にしておくことも大切です。

ですから、あなたが、この部屋を
「どのように見せたいのか?」
それを、常に意識しながら照明選びを
しなくてはいけません。