「家づくりの落とし穴」<続き>



住宅展示場の落とし穴についてです。

家を建てようと思ったら、
多くの方が住宅展示場へ行きます。


あなたは、もう住宅展示場に行きました?

住宅展示場見学で失敗しないためには、
どうすればいいのか。

まず、展示場を見ることで
どんな問題があるか考えてみましょう。

● 広すぎて現実離れしている。

● 豪華な仕様になっている。

● 家具や調度品で飾られている。

● 本体価格に含まれない照明器具やカーテンで飾られている。

● 説明員はいいことしか説明してくれない。

● ひっきりなしに営業担当者が応対に来る。



何の予備知識もなく、総合住宅展示場のモデルハウスにいくと、
ほとんどの人が魔法にかけられるのです。



まず、豪華な外観で夢心地にさせられ、
そして、立派な玄関ドアーを開けると、
旅館かと思うほど広い玄関とホールに驚く。



それは、見学者が驚くように創っているからです。


次に、最高級のシステムキッチン、
広いお風呂にジェットバス、重厚な無垢の床、
ペアーガラスの大きなサッシ、いかにも高そうな厚手の
カーテン、とオプションのオンパレード。



何が標準品か、説明員に質問して
探さないといけないですよね。



モデルハウスは夢の国。
建物本体以外の仕様が豪華ですごいのです。


無垢で作られた下駄箱、オシャレな家具、
大きなソファーやベッド、ヨーロッパの食器等、
映画に出てくるような調度品。


これらは全部、建築主が自分で購入する
必要があるものです。


もちろん、われわれ庶民が買えるような
代物ではありません。


また、照明器具も高級ブランド品。

これも建築費には含まれてないので、
あなたが自分で買わなければいけません。


そして、一番現実離れしているのがその広さでしょう。
70坪、80坪あたりまえ、なかには100坪以上の
建物もあったりします。


さらに坪単価ですが、現実に建てられる家は
60万円〜70万円なのに、住宅展示場の家は、
坪100万円以上はかかっています。


しかし、ご安心ください。
じつは、魔法にかからない方法があります。


それは、その展示場と同じ物なら建築費は
いくらですかと質問して聞くことです。


その答えを聞けば、展示場の魔法は解けます。


ところで、建築業者選びについてですが、
ハウスメーカーは、大企業だから変なことはしないだろう。
しかし、割高で選択肢が少ない。
変更するとすぐに費用が高くなる。


工務店は、比較的安いが手抜きや倒産が心配だ。
センスがなく古臭い感じがする。
良い工務店を探すのが大変で、施行技術の差は大きい。



設計事務所は、高そうで、予算のない人は相手にしないだろう。
しゃれた感じにしてくれ、手抜きを防いでくれる。


これらは一般の人が抱いているイメージです。
しかし、全てがそうではありません。


例えば、ハウスメーカーは大企業だから安心。
これは、雪印の食中毒事件、ダスキンの肉まん事件など、
必ずしもそうは言えません。


そこで、あなたがハウスメーカーで家を建てるなら
そのメーカーの家づくりに対する姿勢を聞いてください。



工務店の建築費用が安いのは、広告宣伝費や営業費などを
掛けないので安いと思われています。



しかし、マニュアル化されていないのでロスが出やすく、
割高になりやすいのです。



設計事務所は、お金持ちしか相手にしないと思われてます。
しかし、予算のない人の家も設計してくれます。



大手ハウスメーカーだからといって安心できません。
工務店だからといって費用が安くできるとは限りません。
設計事務所だからといって設計料を安くしてくれるとは
思えません。


あなたが家を建てるのなら
じっくり比較検討してみてください。



つぎは、分譲住宅の落とし穴です。


分譲住宅業者が提供する建物には特徴があります。

1 ベランダ。(りっぱに見えるが、雨漏りの危険がいっぱい。)

2 出窓。(豪華に見えるが、ほこりがたまりやすい。)

3 対面式キッチン。(部屋は狭くなり、風通しが悪い。)


分譲住宅への誘客、販売業者の基本戦略は



まず広いベランダを見せて感激させる。
次に出窓で夢を膨らませる。
最後に憧れの対面式キッチンで、とどめをさす。



決して販売されている家の外見やみかけだけで
判断しないでください。


そして、家の土台・基礎の話ですが、
基礎は最も大事です。


最近の住宅メーカーは、ほとんどべた基礎を採用しています。



しかし、べた基礎も地盤が軟弱だと意味がないんです。
特に新しく造成された土地は、気をつけてください。



水田、沼地、谷を埋め立てた土地は、地盤沈下します。
大手が造成していても大丈夫とは言えません。



素人では土地の状態や地盤の判断はできません。
土地を購入される場合は信頼できる不動産業者
の力を借りましょう。

また、格安の土地は、理由があって安いんです。
「土地選びはより慎重に」です。


最新工法にも落とし穴があります。


高気密高断熱が注目されてますが、問題点も指摘
されています。



人間は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出してます。
大人で1時間あたり17リットル二酸化炭素を出しています。


気密性の高い部屋では、二酸化炭素濃度は時間と共に高まります。
だから、24時間強制換気システムが必要になります。


気候のいい春や秋は、高気密も高断熱も必要ないでしょう。
機械で空調を調節するため、自然環境とのバランスが
取りにくいからです。


このように、高気密高断熱の家は、住み心地がいいとは
限らないのです。



高気密高断熱住宅は熱効率が良いので、
省エネルギーで経済的では?

確かにそうかもしれません。


しかし、問題は室内空気の交換をどうするがポイントです。
石油ファンヒーターなどは、必ず空気を汚します。
それで、どうしても換気が必要です。



せっかく暖めた空気を逃がさなければならないのです。


では、エアコンや床暖房ではどうか。
確かに空気汚染は減るでしょうが、
建設費や維持費が余分にかかります。


ですから決して経済的とはいえません。


そして、そうした空調機器を設置・維持するには
膨大なエネルギーが必要です。


また、家の中で人が居住していれば空気は汚れます。
空気の汚染という問題を機械で解決しようとしても、
次々問題が起きます。



できれば、自然に換気できるような住まいにしたいですね。



広告宣伝にも落とし穴があります。



住宅雑誌は広告で成り立っています。
スポンサーやクライアントの意向は絶対で、
無視することは出来ません。


もちろん広告主の不利になるようなことは、
まず掲載することはありません。


逆に消費者にとって不利になろうが、
広告主にとって都合のいい場合はその
まま記事として掲載されることがあります。



ある住宅雑誌社の話ですが、
職人の特集を組もうとしたが、
広告主のハウスメーカーからクレームが
つきました。


なぜなら、ハウスメーカーにとって
職人意識と言うのは、邪魔にしかならない
ものだからです。


下手に職人魂を発揮されるとコストはかかる、
工期は延びる、監督しにくい
など全くいい事はないからです。



無垢材を使いたい、タイコの梁にしたい、
漆喰壁にしたい、銅版を葺きたい、



これらは全てハウスメーカーにとって
施主に望んでほしくないことです。



住宅雑誌に掲載されている記事の内容は、
全て鵜呑みにするのではなく、
よく裏を知る必要があります。



ところで、広告はなぜ出すのでしょうか。
それは広告を出さないと売れないからです。


どういう点を消費者に訴えればいいか。
何を強調すればいいか。
どういう言葉に反応するか。



外断熱、高気密、高耐久、対面キッチン、出窓、ベランダ、
消費者受けのいい言葉を並べるのです。