「アメリカと日本の住宅事情のちがい」



アメリカの住宅所有者はリフォームで自分の家の
資産価値を上げる努力をします。


アメリカと、日本の住宅事情のちがいはどこなのか?


あなたは「私は家を売るつもりも貸すつもりもないから、
資産価値なんて関係ないわ」と、


確かに、そう思う方は多いことでしょう。



しかしながら、“資産価値の高い家”ということは、
他人から見て、魅力的だということです。

自分の家が高い資産価値を維持することは、
いつまでも魅力的な家だということです。


あなたの人生で何がおこるかわかりません。

予定外の事が起こり、いつ「売る」「貸す」ことに
なるのかもわかりません。

ですから、売るつもりはなくてもあなたの家の
資産価値について少し考えてみませんか?

アメリカでの資産価値を上げるためのリフォームとは、
決して大規模なものではありません。

アメリカの映画で見たことはありませんか?

お父さんが庭のフェンスにペンキを塗っていたり、
ガレージに作業スペースがあって、大工道具が置かれて
いて作業しているようなシーンを。


日本では壁紙を張り替えや、外壁の塗装は、
ほとんどが工務店やリフォーム業者に依頼します。

それを、自分自身の手ですることで費用を押さえ、
しかも新築時の状態をできるだけ維持することが
できるわけです。



アメリカでは、なぜ素人が簡単に模様替え感覚で
リフォームすることができるのでしょう?

それは、素人が扱いやすい素材を多く取り入れて、
リフォーム、メンテナンスしやすい家だからです。


また、これが大事ですが、アメリカでは大体
本物の材料・高品質な材料が使用されて家を
建てているからです。


日本のように張物だらけの建材では、
リフォーム、メンテナンスそのものができません。

その建材の寿命が短いということです。

リフォームやメンテナンスがしやすい寿命の長い
本物・高品質な建材、材料を使うこと。


これが、住まいを魅力的にする秘訣。
そして資産価値の高い家にする。

そして、『我が家にもっと愛着を持つ』ということです。