建築費用見積書の落とし穴!


家づくりをされる方が必ずといっていいほど
ご覧になる住宅建築に関する本や住宅雑誌には、

「見積りは複数取れ」
「見積りは最低3社から取れ」
って、書かれていることが多いです。

また、ハウスメーカーの営業担当者は、
「どうぞ他社と比較してください」
「ぜひ当社も見積もりさせてください」

などと、建築費用の見積りはいくつか
入手するものといった話をします。

だから、

「見積りは数社から取るもの」
と、あなたは思うわけです。

「えっ、そうじゃないの?」

じつは、そうではありません。

結論から言います。

あなたの家の建築費用の見積りを
複数とっても、正しい比較ができません。

残念ですが、あなたが見積り書を
見比べてもわからないんです。

その理由は、

各建築業者の建築仕様の基準が異なるからです。

家に使う材料やグレードは、各社まちまちなんです。
仕様基準が異なると、比較ができません。

比較できないと、正しい判断ができません。
さらに、建築技術力は見積りと関係ありません。

そっくり同じもので比較しないと、
良し悪しの判断ができないということです。

また、建築費用の見積り金額が正当かどうかは
建築のプロでないと分からないものです。

いや、プロでも分からないものもあります。

さらに、使われてる材料などの仕様、金額に
見合った価値があるかどうかの判断もできません。

見積りを複数入手してあなたがわかることと言えば、
プランと合計金額くらいです。

ですから、

もし、見積りを取るのであれば、
建築のプロにチェックしてもらいましょう。

決して、あなただけで判断しないように!
そして、すぐに結論を出さないように!